長岡蒼柴スポーツクラブ

クラブについて

スポーツで人と地域の絆を結びはぐくむ

スポーツを通じて感じわかちあえる喜びや爽快感・達成感は、 人としての成長と地域のコミュニティー
づくり・人間関係の再生に、 きっと役立つ力になります。それらひとつひとつの力を合わせ、 自分に合
った形でだれもが参加できる「総合型地域スポーツクラブ」、 それが長岡蒼柴スポーツクラブです。

「する」play
気軽にどなたでも参加できる健康体操教室や初心者向けのスポーツ教室などで青年・成人・高齢者の
健康・体力づくりや生きがいづくり、仲間づくりをすすめます。
「支える」support
多世代での教室やイベントの開催で、地域コミュニティーや家族の絆を広げ、深めます。
また、運営委員会などの推進組織に地域の方の参加を仰ぎ、事業の企画立案や運営方針などを一緒に考えます。
「そだてる」foster
子どもの運動能力向上とスポーツの土台づくりから、スポーツが「好き」という気持ちを「うまくなりたい」
という向上心へと自然に導き、人間的成長をうながすプログラムや各種体験学習、自治活動を行います。
「学ぶ」learn
専門指導者の育成のため、研修会や各種スキルアップセミナーなどを開催。また常に新しい情報や知識を発信し、
スポーツや健康・栄養などの関連知識を学べる機会を提供します。
「広げる」expand
学校や地域の団体・行政とも積極的に連携し、専門指導者派遣やイベント・セミナーの企画運営、提案などで
総合型地域スポーツクラブ」の輪を広げ、まちづくりに貢献していきます。
コンセプトと使命
子どもから高齢者まで、さまざまな形でスポーツを愛好する人々が生涯学び、チャレンジし追求する心をはぐくむ「学びの杜」
として参加できるクラブです。体力や年齢や目的に応じ、だれでも気軽に、いつまでもスポーツやそれをとりまく文化活動を楽し
める機会と場所を提供します。
スポーツ・文化活動を通じ、未来の長岡を担う心も身体も健康な「ひと」づくり、そして活気と笑顔のあふれる「家庭」「まち」
づくりを使命とします。
長岡蒼柴スポーツクラブ
長岡市民の憩いの場である悠久山、そして牧野家第三代藩主と事代主命を祀る「蒼柴神社」を囲む一帯は「蒼柴の杜」と呼ばれ、鎮守の森・市民の心のふるさととして広く親しまれ ています。この地域を中心に活動を始め、やがて長岡市域全体へ輪を広げていきたいという想いから「長岡蒼柴スポーツクラブ」と名づけました。長岡蒼柴スポーツクラブのエン ブレムには、長岡の頭文字「N」と 蒼柴の「A」で長生橋と水田をイメージする格子をデザインし、 さらに「未来の飛翔」を願って花弁をあしらっています。

長岡蒼柴スポーツクラブ